代行サービスの活用 | 企業の営業活動を支援する便利なサービスを利用しよう

企業の営業活動を支援する便利なサービスを利用しよう

代行サービスの活用

電話代行サービスとは何か

電話代行とは、会社にかかってきた電話を代行サービス業者へと転送し、オペレーターが応対をするサービスの事です。一般的には電話代行や電話代行サービス、電話秘書などと呼ばれているものです。電話代行サービスを利用する事のメリットとしてまず挙げられるのが、人件費やその他諸経費の節約につながることです。電話代行サービスを利用する事で、事務員やスタッフを雇っている場合と同じ効果が得られるためです。電話代行のオペレーターは電話応対に特化した教育を受けているため、スタッフ教育にかける手間や経費も掛からなくなるのです。 また、電話がつながらない、個人の携帯電話に転送されるなどした場合、特に新規の客は会社に不安を抱く場合が多いと言われているものですが、そういった事態も防ぐ事ができるのです。

サービス内容について

電話代行のサービス内容は、大きく分類すると二つです。 まず一つ目は、不在時や商談中など電話応対ができない時に代行業者に転送する事です。これは、オペレーターが事務員の働きをするものです。電話がつながらないことで既存の客を待たせることがなく、また新規の客を逃がさないのです。またこのような用途として電話代行サービスを利用する事は、事務員を雇う分の人件費を削減する事にもつながるものです。 もう一つは、受注代行やコールセンター代行などと呼ばれるものです。これは電話番号を別に用意し、求人窓口や相談窓口、通販に関する問い合わせなどに対してオペレーターが社員として対応するものです。経費や管理の負担を考えることなく、コールセンターを開設することができるのです。

Copyright (c) 2015 企業の営業活動を支援する便利なサービスを利用しよう all reserved.